シカの食害

DSC_0311
九月の中旬からほとんど、早池峰山近くの川井、江繋にに泊まり込みの日々が続く。早池峰山周辺地域のシカによる森林影響調査、東北森林管理局の仕事にかかりっきりっきりだ。森林だけでなく農作物の被害も深刻になりつつある。シカによる兜明神岳東側の大根畑の大根の食害。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ネパールスケッチ紀行no52

nepalスケッチ001 の補正
アンナプルナサウスとヒウンチュリ。
ネパールの最もお手軽なトレッキングルートの一つ。
ポカラを起点としてゆっくりアンナプルナエリアの村々を訪ねるのも良い。
左の山がアンナプルナサウスです。
IMG_6019

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ネパールスケッチ紀行no51

sk043 の補正
ナムチェをあとにして、ルクラに向かう。ガットというところで一泊。
ここには、巨大なマニ石があり、オンマニベムフンと描いてある。
寺院があり、その脇にロッヂが一軒だけある。
丘のうえに白旗がたなびく、「ダジャ」といい、人が亡くなったときにたてる旗だが
旗のしたには埋葬されていない。旗には経文が書いてある。
DSC01894
DSC01897

カテゴリー: 旅のスケッチ, 未分類 | コメントをどうぞ

ネバールスケッチ紀行no50

sk042 の補正
クンブー氷河を通してみるエベレスト山群。
ゴーキョからの帰り道。
名残惜しむようにエベレストを眺める。
この光景を人生のうちであと何回、見ることができるか。
命には限界があり人の欲望は無限。

カテゴリー: 旅のスケッチ, 未分類 | コメントをどうぞ

ネパールスケッチ紀行no49

sk034 の補正 の補正
トウチェまたはタブチェ(6367m)。
4370m付近から描く。
もう、エベレスト街道は何度歩いたか。
ジリからも歩いた。
東のカンチェンジュガからマカルーエリアを抜けてエベレストB.Cまで言ったこともある。
自分にとってネパールとはなんだったんだろうか。
そんなことを考えながら鉛筆を走らせていた。
この山はカラパタールとゴーキョの分かれ道の真ん中にドーンと聳えている。
あんまり高い山ではないけど。

カテゴリー: 旅のスケッチ, 未分類 | コメントをどうぞ

ネパールスケッチno48

sk040 の補正
タムシェルク。
以前は、描きにくい山だなと思っていたが最近はそうは思わなくなった。
なんでもそうだが、だんだん手慣れてくるものだ。
描きすぎないこと
余白の中にイメージを託す。
そんなことが大事ではないかと絵を描いていて時々思う。
ナムチェはもうすぐだ。

カテゴリー: 旅のスケッチ, 未分類 | コメントをどうぞ

ネパールスケッチ紀行no47

sk039 の補正
kumingから。
ここからはエベレストは見えなくなった。
ナムチェが近い。
明日はナムチェでバザールがあるというので、山から買い物に降りてくる人たちが多い。
山でお世話になった人たちと四方山話を片言のシェルパ語を使いながら歩く。
今回はシェルパ語の勉強もしてきた。
ゆっくりではあるが、シェルバ語と日本語の日常会話の対訳を作成中。
いつかはものになるかもしれない。気長に行こう。山歩きと同じだな。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ